最新の抜け毛治療薬|人気の商品には秘密がある|おすすめの発毛剤が売れる理由

人気の商品には秘密がある|おすすめの発毛剤が売れる理由

最新の抜け毛治療薬

メディシン

抜け毛の原因物質を抑制

思春期以降の男性に見られる、主として頭頂部と額の生え際において抜け毛が進行することを男性型脱毛症といいます。現在、男性型脱毛症は医療の対象となっており、治療薬もいくつか存在します。そのうち最も新しい承認薬が、ザガーロです。男性型脱毛症は、男性ホルモンの変性によって引き起こされます。頭皮付近にはテストステロンという男性ホルモンが存在しますが、これが5-α還元酵素と呼ばれる酵素の影響を受けると、ジヒドテストステロンという物質に姿を変えます。このジヒドテストステロンが毛根に作用し、毛が十分に成長しきらないうちに抜け毛を促してしまうのが男性型脱毛症です。ザガーロには、5-α還元酵素の働きを阻害する作用があります。これによって、脱毛の原因物質であるジヒドテストステロンの発生を抑えるのです。

購入には処方箋が必要

ザガーロはもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発された医薬品です。というのも、前立腺肥大を引き起こすのもやはりジヒドテストステロンだからです。ところが研究の過程で脱毛抑止効果があることが分かったため、男性型脱毛症の治療薬にも利用されるようになりました。日本においては、ザガーロは2015年に国の承認を受け、2016年から販売が開始されています。皮膚科や発毛外来などの医療機関で処方してもらうことで入手できます。保険適用はなく、自費診療となります。ザガーロは内服薬です。1日1回服用し、最低でも6か月は連続して使用する必要があるとされています。外用薬であるミノキシジルとは作用機序が異なるため併用が可能で、同時に使用すれば相乗効果が期待できます。